きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

荒川アンダー ザ ブリッジ 第12回

まあこういう財閥っぽい超大企業グループは、完全に世襲制なのが物語のお約束です。
そうなれば、会社のトップに求められる資質として、経営のセンスのみならず子供の教育に関する能力も並々ならぬものが必要とされます。
それは、必ずしも自分に備わっていなくてもよいです。それを自覚して外部からの助言を受け入れる『能力*1』があれば。


さて、そこで、リクの父はと言えば……彼に比べると、おぼっちゃまくんのおとうちゃまの方が数百倍マシだとぽっくんは思うぶぁい。そのくらいに問題外。萎縮させ恐怖させ時代に合わない家訓を破ると体調を崩すようなトラウマとして刷り込んでいたりあらたいへん。家康の成功に学べ、なんて本に書いてあった信長や秀吉と同じ立ち位置でしょうか。


さあ、そこで



ボクみたいな豚を縛ってくれてありがとうってロープさんに感謝なさい


マリアさん大好き。というか、もう彼女のためだけに見てる。

*1:こういうものは間違いなく能力です才能です