きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

荒川アンダー ザ ブリッジ 第13回

さあ、これも今回が最終回だ。



二期製作発表を踏まえたのか、最後の最後に原作ではおなじみの新キャラがぽこぽこ出てくるよ。
否が応にも高まる期待! 秋*1の続編に乞う御期待!!


さて、河川敷の遊園地。
子供達を喜ばせるために、大人達が丹精込めて作り上げた夢の楽園、かな。



でも、思えば、この河川敷の生活ってすべてが夢の世界なんだろう。
ごっこ遊びをしながら生きていける理想郷なのかもしれないとまで思う。


常に閉じられて完成された世界。
希にイレギュラーはあるものの、基本的には変化のないゆったりとした流れのなかで過ごせる場所。
悲しみも苦しみも、それすらも座敷から立茶番を眺めているように感じる。


ここに留まることは果たして彼らにとってよいことなのか。
いつかは覚める夢と同じく立ち去らねばならないものなのか。


ああ……Angel Beats!のあの世界に通じるものがあるのかも


さて、この荒川アンダーザブリッジ、通しで見るとうまくまとめて終えた作品だったと思う。
二期も決定しているから閉じずに引いたネタも問題ないしね。
アバンやOPのオサレ加減は最後までなじめなかったけど、それ以外はまあまあ、だったかも。

*1:おそらく