きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

学園黙示録 第03回 『Democracy under The DEAD』

うん、三話目はそう突拍子もない反応するひとはいないし、階段を二つ飛ばしで駆け上がってるような飛躍しすぎた豹変もない。悪くない感じ。



今回で三話目。そろそろ、映画のゾンビのような短編作品との違いが、はっきりと現れてきています。

長くても120分程度の映画では、工夫を凝らして逃げ回り生き延びようとする姿を描き続けるにも限界があるんですよね。もちろんそれはそれで間延びしないという意味で、いい面でもあります。



一方、どうしても長編となるアニメ、マンガ連載作だと、まったく同じやり方は通用しません。主人公を簡単に殺せない。アイデア尽きたよ、って投げ出すわけにいかない。結果、いままで見たことのないような本当の意味でサバイバル生活を描いたゾンビものになる、と見ていいんじゃないでしょうか。



と、期待してみましょお!



そういえば、これ。





無免許運転は高校生の特権!



いいセリフだと思います。

♪盗んだバイクで走り出す〜 ってやつですよね。うんうん。

いやもちろん、無免許の推奨なんかしませんよ?

小型とは言ってもわたしも二輪免許持ってますしねー。



ただ、やんちゃする子ってキライじゃないですし、ましてやフィクションの物語の中ならぜんぜんおっけー! ですよ。ね。



学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 104-1)

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 104-1)



実はちょっと前にこれの原作本を読んでみました。

そっちはわたしがアニメで不満に思っていた部分が最初から無いですねぇ。

まだ全部は読んでないものの、いまのところけっこうおもしろいです。