きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

薄桜鬼 〜碧血録〜 第16回 『誠心は永遠に』

先々週の勝沼戦争が新撰組敗走のはじまりだとしたら、今回の近藤勇捕縛は崩壊の序曲と言ったところでしょうか。



流山に移動した新撰組の屯所が新政府軍の知るところとなりました。
このときはまだ単に「賊軍が隠れ潜んでいる」との情報でやってきたに過ぎなかったらしく、まさか新撰組がいるとは夢にも思っていなかったようです。
そのため近藤勇は、自分を「旧幕府軍の残党を説得し鎮めるための隊の隊長」として偽名を名乗り、新政府軍に敵対するものではないと投降して説得しようと考えます。その間に土方をはじめとした隊士を逃がす算段でした。


当然、土方は大反対します。
そんな手が通じるわけがない。羅刹の俺が戦って活路を開く方が確実だ。


しかし、近藤は厳然と言い放ちます。



命令だ


壬生の浪士組のころから形の上ではずっと上司と部下ではあったけれど、それ以上に誠を信じる同志として、かけがえのない親友同士として。近藤から土方への指示はみんな『頼み』だった。いま、はじめて自分に下される命令。近藤が自分に命令することがどれだけイヤなことかよくわかっているからこそ、土方は、局長の強い『頼み』に首肯するしかなかったのでした。



このあたり諸説あるようなのですが、一応わたしが聞いた*1史実によれば、実はまったく逆で、このとき近藤は投降などせずに武士らしく切腹して果てることを望んでいたといいます。それを土方が偽名を用いても生き延びてくれと願ったために、少し前から名乗っていた大久保某の名を用いて投降することになったようです。


結局、昔の仲間の裏切りで近藤勇だと正体がばれてしまうわけですが……。
どちらにしても、最後まで武士らしく生きようとしていた尊敬すべき人物だと思います。



そして、たとえ近藤勇を失っても、生き残った隊士達は戦い続けます。
生きるために。信じる物のために。


ずいぶんと馴染みの隊士達が減っちゃいましたねぇ……さびしいけれど、来週も楽しみにしていましょう、っと。

*1:信じていると言い換えてもいいでしょう