きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

神のみぞ知るセカイ 第11回『おしまいの日』

引っ込み思案な子って、およそ意地っ張りなんですよ。
すねると長いし、反論はしないのに持論は曲げないし、徹底抗戦を誓ったら怖くてびくびくしてるのにそれでも決して引かないし。



んでんで。
やっぱ、栞編は時間配分がおかしいって思いは決定的になりました。オチへ向けての駆け足っぷりがパないです。
ここにこそ間が要るよ、って部分が目の前を通り過ぎていく超特急のように、瞬きするあいだに駆け去っていく気分でした。



勇気をあげるよ


あああ。なんて少女マンガちっくな。
強引だわぁ。


とにもかくにも、栞の心の隙間は埋まりました。
めでたしめでたし。



そこでつらつら思うに、このお話の真ヒロインはきっと図書委員長なんです
暴走して皆に迷惑をかけまくった栞に対し、一貫して叱る姿勢を崩さなかったところに大物の片鱗を見ました。
こんな場合って、ふつう感情的になって詰め寄りますよ。反省して謝ってたって聞く耳持たずにがなりまくりますよ。なのに彼女は、しっかりと相手の主張を聞き、言うべきことのみを言うんです。


決定事項は決定事項として頑としてぶれない。
だけど、話し合う余地のあることに関しては、いくらでも門戸を開いて受け入れようとする。


とってもりっぱな委員の長だと思います。
あと、おさげも眉毛もかわいいですよね。


ああ『はぐれ平次純情派』は読みたい!!



これも次回で最終回ですか。
でも、風の噂によれば、すでに二期は決定しているとか?