きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12回 『俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない GOOD END♡』


おねがぁい


こんなかわいい女の子にお願いされたら男の子なら拒否などできないものなのでしょうか。
そのお願いが、たとえ「夜中に並んでエロゲを買って帰ってきて」であったとしても。



……てか、ホントにそんな販売とかやってるんだろうか。
夜中に売ってどうするの。夜中の1時に開始しても朝の11時に開始しても変わらないじゃない。


そりゃWindowsみたいに国中が大騒ぎになるようなものならともかく、こんな人数じゃ店員さんの残業手当を考えたら黒字なんてなくなっちゃいそうな気がするんだけども。


やっぱフィクションなのかなぁ。でもこういうところはきっちりリアルに描いてそうな気もするしなぁ。



△▼△


さて、んで、なに。
雑誌の読モをやるくらいにかわいらしい外見で、学校の成績は抜群で、小説を書いたらいきなりデビュー+アニメ化までしてしまう納得しがたい才能持ちの上に、今度はなんだと? 陸上競技でアメリカから声がかかった?


アメリカでもアフリカでも行っちまえ! もう帰ってくんな!!


ふーふー……。


失礼しました。
あまりのチート性能についつい本音が嫉妬して心にもないことを叫んでしまったことをお許しください。


趣味や性能の特殊さはさておき、このアニメで一番年相応な精神年齢で普通の女の子は桐乃です。
将来を考えた勇気ある決断よりも、いまは一人日本を離れる恐怖の方が遙かに勝るのはやむなしでしょう。
だけど、彼女は年相応に意地っ張りの子でもあるのです。怖いなんて言いたくない。いい話なんだから乗って当然だもの。



そこで、最後の『人生相談』です。
京介にせいいっぱい「アメリカ行きを止めてくれ」と言外に匂わしてみてはどうでしょう。


趣味や性能の平凡さは言うまでもなく、このアニメで一番年相応な精神年齢で普通の男の子は京介です*1
しかも、中二病全開中の高校生ですよ?


行けよ。せいせいすらぁ!


(ノ∀`)



てかどんだけボコられたんだ京介氏……。


おそらく、表層意識的には頼れるお兄ちゃんに引き留めてほしかっただけ。なんでしょう。
頭のいい桐乃は落ち着けば京介の真意に気づいたはず。兄が自分を手放したくないと思っていることに行き当たったはず。



出発当日の朝、両親や学校の先生に突然の渡米中止をあやまって廻る妹の姿がそこにはありました。
めでたし、めでたし。


ああ、そうか、思い出した。
これ、DVD特典で別ルートエンディングが追加されるんだっけね。選択を誤ったバッドエンドもそちらで見られるわけか、なるほどねぇ。


よし、そんなとこかな。
とにかくなんといいますか、多少の物議を醸したこのアニメも、BPOのみなさんがほぼスルーしてくださったおかげもあって、途中で打ち切られることもなく無事終了しました。
総じて高レベルでまとまった名作と言ってもいいシリーズだと思います。楽しませていただきました。


いずれ二期もあるんでしょうね、これだとね。

*1:あれ? ほかの少年キャラって皆皆無じゃね? モブ友人は今回出たけど