きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

それでも町は廻っている 第12回 『それ町』

うまくまとめましたね〜〜。最初から最後まで目が釘付けの最終回でした。


人間の価値は死んだときに何人が泣いてくれるかで決まる、とか何かで読んだ記憶があります。
実際、そういうものでしょう。
あの世には何も持って行けないんだし、生きてるときにいくらお金を稼いでもそれだけで勝ちも負けもないですよ。



自分が死んだら大勢に泣いてもらえる人間になりましょう。
誰かが死んだら大笑いしてやる人間になりましょう。


うわ、性格悪っ!


でもね、ホント気をつけましょうね。今回の歩鳥の件のような、オーバーリアクションが原因での事故死って、案外あるような気がしますよ。


うわっ! 飛び退ってみたらクルマにどーん! とか。
めまいを演じてみたら転落死とか。
裏拳でツッコミを入れてみたら撲殺しちゃったとか。


マンガはマンガです。われわれは宇宙的にナチュラルな生活を心がけましょう。


うん、いい最終回だったよ。
ちょっとギャグが少なすぎなのが残念だったけど、このお話を持ってきたなら仕方ないか。


それにしても、最初は棒声優さんの主演にとっても不安だったけれど、いまではほかの声は考えられないほどに歩鳥の声になってしまったねぇ。


そんなわけで、とってもとってもおもしろかったです。おわり。