きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

夢喰いメリー 第06回 『夢邂逅』

んー。やっぱ、夢喰いメリーって暗いですよね。
全体に漂う雰囲気も、そこかしこに流れる空気も、まさに「夢もキボーもない」オーラが漂った世界です。
かわいい女の子がいっぱいなのに、全然華やかじゃないの。や、華やかじゃないって言うと、語弊があるかなぁ。えっと、かわいらしい絵柄なのに、パステル調より陰影がくっきりとした厳かさが似合うような、そんな印象かな。


なんとなく、みんなおもしろいとは思っていても、結果的にあんまり売れないような、そんなアニメの予感がしてしまうのは気のせいでしょうか。そうだといいんですけれど。


わたしすっごく好きですしね。


で。
この作品は完全に男女の役割が入れ替わってますよね。
身を挺してヒーローをかばい自身は倒れる、なんて、もろにヒロインのお仕事だもの。



だけど、そこはやっぱり男の子。強がってがんばって、意地っ張りの力が体の限界すら引き上げちゃう。
ぜんぜんか弱いお姫様なんかじゃないよね、夢路君。うん、好きです。
こういうところ好きなの。どの子も「生きてる」って感じがするんだぁ。


そんなところで、今週のサービスシーンです



……えーっと、どうかなぁ。
やっぱ、ネコ耳って人気あるよね、きっとこれはサービスのはず。


サービスと言えば、来週は本気のサービス回の予感です。
わたしが今回ほめたようなことぜんぶ蹴っ飛ばされた気分です。


だが、それがいい


きっとバカやらせても楽しめる。そう思うのさ。
では、また来週。