きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

とある魔術の禁書目録II 第19回 『木原数多』

久しぶりにサブタイトルへありえねえルビ振ってきましたよ。

「木原数多」と書いて「けんきゅうしゃ」と読むそうです。



そんなムリしてイタいことやんなくてもいいのにと思うのと同時に、わたしのようにそれを期待している人も少なからずいるのだろうと、そこに思い至ったわたし成長したなあもう大人だよエヘンな気分になると長々語ってみたりぃ〜♪



うむ。イタい。わたしちょっとイタいな。



さて、今回はうまいしおもしろいし、なかなかの傑作回だったのではないかと思うんです。



わたしが先週言っていた事、一方通行のかつての罪のお話ね。そこをうまーく片付けようとしているんじゃないかと感じました。





改心しつつある一方通行



敵に襲われ凶悪さ復活



彼を上回る憎たらしい敵があらわれて一通さんぽこぼこ



ちび御坂大ピンチ



体を張ってちび御坂を救う一通さん



インなんとかさん登場!



ああ、最後のはどうでもいいや



そんな感じでね、本当に変わった一通さんを描くのと同時に、彼をはるかにぶっちぎるむかつくゲス野郎を引っ張り出して、わたしみたいな単純な視聴者の敵意をそっちに向けようとしてると思うわけよ。

うん、そのまんま引っかかってます。あの木原とかいうピー野郎ちょームカつくし!





上条さんは今回裏方だけど存在感のあるいい役回りだったと思うし、次回へと繋がる期待を煽る引きも相当なもんだったと思うよ。

うん、ギャグじゃないし超電磁砲チームもいなかったのにめずらしく、このお話にはほぼ満点近くあげたい。



でもなぁ、禁書はおもしろいのが二週続かないんだよね。

だから、来週には半分期待しとく。



では、また。