きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第07回『兄たちのAKIBA』

男同士の友情というものは、実に気高く美しいものです。わたし今回実感しました。
そうかぁ……エロ本は絆なんだね。そっかぁ。



こうやって、深夜アニメを大量に見るようになってしばらく経っている事が大きいのでしょうか。彼らの嗜好の一部は理解できるようになっています。たとえば『妹』とか『姉』とか『幼なじみ』とか、そういう趣味ね。
もっとも、あくまで理解であって、同意に至ることはまれなわけですけどそれはさておき。



一方で、まったくわからなかったのが『人妻』趣味だったんですよね*1
はい、今回の放送でよくわかりました。なるほど、そういう理由で好きなわけですか。ふむ、勉強になりました。
要するにザコンなわけだ。そこからきているわけだ。
すべてを受け入れ受け止めてくれる母のような包容力を求めると、そういう趣味になるわけねえ。


了解。参考にする(謎



ていうか、実は修輔の『黒パンスト』趣味は、数多の性的嗜好の中で極度にまともなものの一つなんじゃないか? そう思えてきました。
……騙されているのかもしれない。


あ、とりあえずたぶんこのへんサービスシーンだと思うのでぺたんと。



△▼△


実はわたし秋葉原へ行った事がないんですよね。
さいたま住みだし都内へも頻繁に出向きはするんだけども、あの駅の改札を出たことは一度も無いんですね、これが。



だからでしょうか?
修輔って、いわゆるオタクの子じゃないですし、なんとなく秋葉原とは合っていないように思ってたんですよ。
そうかぁ、マンガとか同人誌とかだけじゃなくて、普通の(?)写真集やDVDも大量に売ってるわけね。
メイド喫茶ももはや一般人のお客も多いんだろうし、もしかしたら誰でも楽しめる街になっているのかもしれないねぇ。


ちなみに、今回もわからなかったし、一生ぜったいわかりたくないのが、アレですね。
修輔そんなの最後まで見るなよ……。



うん、今週のはなんか観光案内みたいで見所たくさん! 楽しかったですよ。
来週も楽しみにしながらお仕事あるし寝ます。


ところで、→こういうの、みんな同じ会社の作品なのかなぁ?

*1:ぶっちゃけどうでもよかったから調べようともしなかった