きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第11回『世界の中心で兄を叫ぶ』


えっと、有り体に言いましてですね。
話がさっぱりわかんない。
先週何があったんだ。


そう。なにやら、先週の放送分で現状を鑑みるにいささかよろしくない表現があったらしく、最も早くに放送されたTVKを除いて、残りの全局では放送が取りやめられることになった模様です。


さすがに神奈川のテレビはウチじゃ入らないからなぁ……。


あ、だけどびっくりなんですよね。
テンポがものすごくいいの。
何言ってるのかわかんないうちにざっくざくと進んでいくんだよ。


おかげで、話のわかんない不満よりも、あれよあれよという間に終わってしまったほどのスピード感で爽快な気分になりました。


ほら、どうせ兄略だもんね。中身無いし一話抜いたってどうってことも……。


そんなわけなので、目に付いたところをちょこちょこ拾ってみるとしましょう。



腐ったイカを素手でつかんで平然としている奈緒。
はかない女同士の友情。
兄のために唇を死守しようとする乙女心。



その他、今回の奈緒の表情はいつにもましていいのが多かったですね。
ほら、彼女はいつも余裕かましてることが多かったじゃ無いですか。今回はどちらかというとずっと受け身でしたもんね。
そういう意味で貴重かも。



そだ。千葉テレビさん、テロップひどすぎますよ。L字なんだから、番組の予告はそっちに入れときましょうよ。
ただでさえ小さくなった画面にかぶせるのよしましょうよぉ。



一番凄いところだとこうなります→


さて、来週は最終回のようですね。
この勢いでラストまで突っ走って欲しいものです。では、また。