きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

第01戦セント ピーターズバーグ決勝

いいようもなく残念だったF1の小林可夢偉に対して、同日に開幕だったインディカー佐藤琢磨はどうだったでしょう。

 

佐藤琢磨(5位)
「最初のスタートでアクシデントを潜り抜け、ポジションを大きく上げることができました。しかし、次のリスタートからはアウト側になってばかりで、路面が汚れていることもあって非常に難しく、順位を落としてしまいました。それでも、ピットストップですごくチームががんばってくれました。今日はなんとしてもフィニッシュしたかった。このような形でシーズンのスタートを切れてうれしいです。今日はラッキーな面もありましたが、自己ベストのリザルトを更新することができました。これからも上位フィニッシュを目指してがんばります」

 

INDY:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティが開幕戦ウイナーに”: FMotorsports Kaigai


うっしゃぁ!! 5位フィニッシュ!!!

 

やったぞ琢磨! それでこそわたしのたっくんだ!!
ねー、去年の開幕戦なんか瞬殺だったじゃないですか。スタート数秒後にリタイアだったじゃないですか。
ほらね、たっくんやればできる子なんだってば。
F1だってそうだったでしょ。結果を出すようになったのはキャリアの後半の方だったでしょ。

 

つまりね、彼は速いんだけど慣れるまで時間がかかるレーサーなんですよ。

 

短期的に見ずに長い目で見ていきましょう。うんうん。

 

そして今年の琢磨の同僚であり元チャンピオンであり、わたしが去年からずっと琢磨の次に応援している*1トニー・カナーンは、見事に3位表彰台です。チーム移籍がぎりぎりまで難航していたためにテストらしいテストもできていなかったはずなんですよね。それなのにこの結果は、怖いですね。
琢磨もきっと、チームメイトとして頼もしいと同時に、去年にはなかったプレッシャーを感じていることでしょう。

 

今回の5位は、その刺激がいい方向へ向かったと考えたいですね。

 

……えっと、こっちはオチないよね?

 

って。そういえば、琢磨もF1でBAR時代にレース結果の剥奪をされた経験がありましたよねぇ。
なんだかなぁ。

 

それにしても、レース見たかったなぁぁぁ!!!

 

昨日も言いましたけどね。
今年のインディカーはストリーミング配信がないし、日本でテレビ放送をしているGAORAは生中継をしてくれなかったし*2、ストレスたまるわあああ!!

 

ふう。次もがんばれ琢磨!

*1:武藤さんが今年も参戦していれば三番目だったんですけどね……

*2:2,3戦目は生だそうです