きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

Rio -RainbowGate!- 第13回『レインボーゲート』


14連敗から15連勝!



かくしてリオは勝ち、レインボーゲートが開かれた。



そして明らかになるカジノギルド急進派の野望!
ゲートとはオーパーツだった!?


どんな願いでも叶うアルティメット・ロールルーラー!!!




地球のすべての人たちに訪れる世界同時多発ラッキー!!


……ふぅ。ダメだ、なにも言い返せない。


だってそうでしょ。


これがアルティメット・ロールルーラーだ!



って言われたら、

は、はい、そういうものなんですか!


以外に何が言えましょう。



おかえりなさい、リオ。
世界中に幸福の贈り物をありがとう。
わたしも、とっても充実した時間を過ごせたよ。


すっごいつまんないシリーズだったけど、見てよかった。
少なくともこんなアニメ他にないもん。ぜったいに見る価値あったよ。


ちがう。ちがうな。
これは、おもしろいとかつまんないとかじゃない。
そういう次元の作品じゃないんだと思う。



さてさて? 最後の最後にこのカット?


うわぁ、二期への色気満々の引き。
Rioってば興行的にはどうなんでしょうねえ。バックの資本は強大だろうから、続きもあるのかな?
DVDの売れ行きとかどうでもいいのかも、とか思ったり。


ホントにさ、冗談抜きでさ、Rioはイマイチ評価に困ります。
良かったのか悪かったのかさえ、いまはちょっと判断できません。
たぶんわたし、混乱している!!


あー、うん。評価は後世の歴史家の手に委ねましょうか。


では、そういうことで!!!