きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

フラクタル 第11回『楽園』

あれ、今回って総集編だっけ?


いやもー、詰め込むわ駆け足だわメッチャクチャでしょこれ。
今まで10回やってきたことぜんぶぶちこわした感じ。


最初から回数は決まってたんでしょ?
どーしてこうなるの!



具体的にはね、誰も彼も言うことすることすべてがいきなりで、何より「」がぜんぜん足りないんです。まさに間抜けなんですよ。
会話がピンポンのラリーのように等間隔でリズムよく進みすぎて、ただシナリオ通りしゃべってるようにしか聞こえない。
本来なら心を打つような言葉が、棒読みの朗読のようにしか聞こえてこない。あ、もちろん声優さんはちゃんと演技していてですよ。


まあね。アバンでバローが聞かれてもいないのにべらべらべらべらと種明かしを始めたときにもう、とてつもなくいやな予感はしたんですけどね。


あれだけ切れ者に描かれていたのに、あまりにもザルすぎて頓挫したディアスの計画もひどかった。
彼の顔を一目見ただけですべてを察したモーランの洞察力が超能力者のそれだった。



その後にディアスがモーランとの謎の無理心中を図ったのも意味がわからなかった。
だって、今までそんなキャラに描いてないでしょ。何で急に大義のために身を投じる英雄になるの?
そう見えなくても実はそうだったんだって? ならそれを描かなきゃダメでしょ。



まあ、スンダの「ここは俺に任せておまえらは先に行け!」はいいでしょう。そういうことやってもおかしくないキャラではあります。だけどこれも同じく「間」がぜんっぜんダメ。フィルムの早回しをしているようにあれよあれよと進みすぎ。


結局これって、華やかな世界の裏に存在するちょっとどろっとした真相や、主張のぶつかり合ったときの“現実的な解決方法”を少々ショッキングに描いてみただけで、お話そのものはどうにもこうにもお粗末な結末を迎えてしまった残念な作品だったと感じます。


ていうか、ふつーに気持ち悪いっていうかね。たとえば、変質者と少女のネタとかさ。
そういうので興奮する変態さんには需要があるのかもしれないけど、はっきり言って不必要な設定だったんじゃないかと思うんですよ。トラウマで引きこもるのにそうする必然性はないしね。
もちろん、必然性のみで設定しろなんていわない。だけどさ、この場合、本筋とは無関係にやってみたかっただけなんじゃないの、と。
そう思っちゃうほどにひどい最終回だったんですよ、うん。



結局、何が神でフラクタルなのか、もうさっぱり。
10話までは好きでした。


期待通り、最後にやらかしてくれましたね!