きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

とある魔術の禁書目録II 第24回 『武装集団』

おもしろさの浮き沈みがきわだって激しかった禁書二期もいよいよ終了です。
そー……ですね、うん、最終回としてけっこうおもしろかったんじゃないでしょうか。



動きもいいし絵も崩れてないし、戦闘もほとんど上条さん以外がやってたから単調さも感じませんでしたしね。


あ、そうそう。
おまけにね、禁書らしいわけのわかんなさを最後まで魅せてくれたんですよね。





学園都市で戦争が起こりそうだ

能力者の生徒たちを疎開させようかと保護者代表が様子を見にやってきた

よし、殺そう!!



……いやいやいや!!


なんで、疎開を妨害したいのにそこで保護者を殺すのよ。
全生徒脱出確定フラグでしょそれ!!


そういう頭の悪いところがとっても禁書で大好きです。





あとねー、このインなんとかさん。
こんな女の顔をした彼女ははじめて見たよ!!
こえええええ……食い物の恨みよりよっぽどこわい顔だよ。
当麻が他の女といちゃいちゃしてるのはそんなにおもしろくないか。そおかぁ……。





最後の最後に定番の入院オチを持ってきたのはよかったですね。
ここは素直にいいなぁと思ってみたり−。かも。


おそらく三期は最初から織り込み済みなんでしょう。
当然やるんでしょうね。
土御門と一方通行がチームを組むなど、次回への気になる引きを見せながら、ひとまずの大団円です。
初春かわいいよ初春。



どーにもがまんのならないつまんない回も決して少なくなかったけれど、通しで見ればやっぱりわたしは禁書が好きです。キライになるようなシリーズじゃありませんでした。
スタッフの皆様お疲れ様でした。三期はいつかな。冬くらい? 来年?


とにかく、またそのときにはよろしく!