きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

俺たちに翼はない 第05回『なんたるホーク卿の得高きことよ!』

えーっと、謎におもしろすぎた前回までと打って変わってのけぞるほどにつまらなかったです。


身体を共有している、とやらの三人の中でぶっちぎりにダントツで魅力がなくて、それどころか見ているだけで気分の悪くなるような昼間担当の高校生……名前なんだっけ。えっと、ああ、羽田。こいつがず〜〜〜〜っとしゃべってんだもの。



ていうか、待ってよ。これなに?
グレタガルドだっけ? そこからやってきているとかいうの、マジで彼の妄想?
妄想っぽく描いてるけど実はマジ、じゃなくて?


だってなんか“現実世界”で居心地が悪くなると“グレタガルド”に召喚される繰り返しだよ?
いじめからの現実逃避が中二病妄想を産んでるだけにしか見えない。
なにせそのグレタガルドって、現実世界で自分をいじめている連中がみんな自分より下にいて自分を崇め奉る世界だものねぇ。



そうなると身体の共有ってのもウソ?
でもこれは……あ、本編中でそれを語っていたのはこの羽田だけか。具体的な名前も出さずに「隼」とか「鷲」とか言ってただけだし。


あれ? でも残りの二人もはっきり入れ替わってるような会話してたし……だけどそれも“異世界”でだよね。てことは羽田の妄想の可能性もあるのか。



って、夜に羽田がいる。成田もいる。
羽田は昼担当で夜に身体を使うのは成田のはずだもんね。やっぱぜんぶ妄想か?
そうなったらなったで三人の関係は……実はぜんぜんないとか?


わかんなくなってきた。どこまでフェイクなんだろう。
だけど、しばらく羽田の出番がないって*1それだけは救いだね。
来週はおもしろくなりそうかな?


では、また。

*1:予告より