きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

花咲くいろは 第06回『Nothing Venture Nothing Win』


今日は喜翆荘の給料日。はじめてもらった給料袋に感動する緒花の前に、番頭の緑の大学時代の友人でもある経営コンサルタントの川尻が現れた。
挑戦無ければ勝利もない!」と熱く語る彼女に見事に乗せられた緒花は、まるでどこかのホステスさんのようなチャイナドレスを着て接客をはじめるのだった。


ああ、お給料か〜。
そういえば、ついこの間初任給をもらったばかりの人も多いんでしょうね。
うれしいですよねぇ。いいですよねぇ。



いい笑顔だなぁ緒花ちゃん。
いままでおこづかいは8000円だったのかぁ。高一なら決して少ない額じゃないよね。それどころか平均よりは多いのかな? 家事全部やってたとのことだし、その分の給料よこせ気分があれば少ないと思うのかもねぇ。


だけど、一ヶ月働いて20000円の給料で感激っていうのもなんか騙されてる感ありありです。
住み込みでもね……。



さて、今回は、旅館の仲居がコスプレをしてもいいじゃない! という、
イノベーションを起こしてやる! お話。
いや、マジマジ。ふつーにマジ。


これあまあ、なかなかどうして、どこぞの古典名ビジネス書を元にしたしょーもないアニメよりはよっぽどまともなアプローチでありました。*1


チャイナ服ねぇ。あれはけっこーキツいですよね。水着よりよっぽど恥ずかしい。
いやな感じに身体の線がびしっと出る。あんな服を率先的に身につけたばかりか、



チャイナのスリットを深くしてみるとか


もっと淫らに着こなそうとする緒花ちゃんなにげに自信家なのでは??



△▼△


だけどさ、やっぱこんなさ、ひらひらのふわふわの花柄の方が、彼女らには似合ってるさ。
遙か昔に女将が着ていたそうだよ。えっと女将さんいくつだろう。68歳か。
……50年くらい前?



当時の女将さんのセンスに脱帽!
現在でもチョー現役ですよねこれね!



△▼△


最後に、最近影の薄いみんちに関して。



緒花ちゃんが、カンペキに徹さんルートに入ってるんですけど。
徹さんは緒花ちゃんを見て*2鼻の下を長くしたりしてるんですけど。


やばいぞ。みんちがキレるぞ。
……や、あの子はあれでこういうときは内に秘めて鬱屈しそうだよね。
脳天気な緒花ちゃんが地雷を踏んで激怒させるパターンになりそうだよね。


そろそろ修羅場を期待してもよかですか。
な気持ちで、来週を待ちましょう。では。

*1:アレに比べればなんでもという意

*2:たぶん