きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

DOG DAYS 第10回『勇者と姫と希望の光』


国同士の諍いは絶え、レジャーと化した“戦”を人々が思い思いに楽しむ平和な世界 ── フロニャルド。
いまそこに、太古に封じられたはずの強大な魔物が姿を現した。
その咆哮は地を揺るがし火柱を上げ、平和な世界を瞬く間に阿鼻叫喚の巷と変えていく。
勇敢にも剣を取り魔物へと立ち向かったミルヒ。彼女に振り下ろされる魔物の刃。
ミルヒが死ぬ』というレオの星見は現実のものとなってしまうのか?

さぞかし名のある山の主と見受けたが、なぜそのように荒ぶるのか!?




と放送を見ながらつぶやいたのはわたしだけではないでしょう。
確認してないけどきっと実況スレとかでもいっぱいいるんだろうなあと思う。
だって、モロにタタリガミ
だもんね。元が土地神。誰かに傷つけられて苦しみと怒りに翻弄され呪われた存在となってしまった、と、経緯もそっくり。
設定としてはよくあるものと言えるから単純にパクりがどうのじゃないだろうけどね。ただ、見た目からして、もののけ姫の冒頭に現れた猪のタタリガミを彷彿とさせたもんねぇ。



△▼△



「エクレ! 伏せ!!


……シンク、あんたやっぱ、この世界の住人をみんな犬だと思ってるだろ?


ここはいいアクセントだったと思いますね。
正直な話ここまではちょっとうんざりしてたんです。ああ、シリアスモードだ、もう楽しくない。ああ、どうすんのよこれ……みたいな。でもこのネタ一つで気分が入れ替わったね。やるじゃん!
ていうかエクレのあの反応って……この世界の人間はやっぱDNAレベルで飼い犬なのかも。



△▼△


優しいあの子の勇者に、あの日のボクはなれなかったけれど……
今度は絶対! これからは絶対に!!



熱い! いい!! 好き!!! 熱血ヒーロー大好物です。
勝てなかったことより、一位になれなかったことより、信じて応援してくれた女の子の期待に応えることができなかったのが心残りだった。もうあんな思いはしたくない。ましてや、今回のこれには二度目はない。待ったなしの一発真剣勝負! ここでかわいいお姫様の勇者になれずにどうするんだ!!


かっこぃいぃぃぃ!!!
はぁ、はぁ、マジ興奮しました。



やっぱプロの仕事ですよ。わたしみたいなトーシロの心配なんてあざ笑うようにおもしろさをたたみかけてきましたよ。
勇者と姫様の魔剣タッグ攻撃ですよ! 誰も犠牲にしない優しさの戦いですよ!





△▼△




あ、姫様、ナイスキャッチ。


……ああ、こないだのフリスビー犬の特訓は今回の伏線か!!


はい、もう脱帽の一言です。


今回一番よかったなと安心したのは、そう……剣がしゃべらなくてよかったなぁ、ですね。
新幹線の中で聞いたような声でしゃべられたらどうしようって、不安で仕方ありませんでしたよ。はい。
え、どうでもいいですか。そうですね。


では、また来週。
気持ちを新たにふつーに期待して楽しみに待っています。