きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

俺たちに翼はない 第10回『ずっと、ファンでいてくださいね』


少しでも羽田を真似て波風を立てないようにしていた千歳とは正反対に、今回、羽田パートを担当した成田のどこまでも自分流を貫くやり方は、クラスメートが羽田を見る目を一変させてしまうほどのものだった。
一方で“公称”彼女の明日香には、それがとてつもなくおもしろくなかった。自分の知らない“羽田”がいままでの羽田像を壊すことが気に入らない。自分の知らない女の子たちと仲良くしている成田や千歳を名乗る“羽田”の存在にも腹立たしい思いを感じる。
もっとも、彼女たちにしてみれば、羽田こそが偽物なのだろうが……。


ん。改めて、見た目の変化はまったく無かったことが確定ですねえ。
別個の3グループ+自宅間で完璧な互換性を有する外見のようです。


スリードというやつですか。画像はイメージですというやつですか。
なかなかに上手にだましてくれたじゃないですか。アリだな!



さて、今回は成田班と千歳班の合流のお話でしょうか。
実は、亜衣と鳴は小説家『細川玉木』の大ファンでした。それを知った“千歳”は、彼女たちに日和子こそが細川玉木先生であると紹介しました。
熱狂的なファンのストレートな賞賛の数々は、長らく自信を喪失していた日和子に再び自信を取り戻させるきっかけになります。ぎくしゃくしていた英理子との仲も今まで以上に良好となり、アレックス2はいまアレックス3として生まれ変わったのです!





……あ、このCD欲しい。買うかも。





だけど、それはなにより、ファンの子たちの力ももちろんだけど、なにより千歳の『日和子を待っている』の一言が、最大の後押しになったに違いありません。
日和子の気持ちを知り、自分の“命”がそう長くないことを知りながら千歳は、それでもいつまでも彼女を待っていると、彼女の気持ちに真摯な気持ちで応えたのです。





ずっと、ファンでいてくださいね、鷲介さん


おそらくはつかの間のいちゃいちゃに興じる二人を見つめる怪しい影……明日香さん、ずっと尾行してたんですかもしかして。



△▼△



そして忘れてはいけないのが、毎回けなげな小鳩さんでしょう。
人格ごとの食事の好みをカンペキに把握して、いざ現れたのが予想とハズレたと気づくと、いすぐにご飯の準備をやり直したりもう!
ちなみに、成田向け朝食は山盛りご飯と山盛りお肉! 朝から重いなぁ。あ、千歳向けはアスパラ抜きとかいろいろあるようです。


気弱で、誰かに対して強く出るなんてぜんぜん向いてないのに、言うべきことは勇気を出して言う子です。


ああ、小鳩さんはかわいいなあ!


そんなわけで、私的今期*1一押しアニメは今週も傑作でした。
来週も正座して待っております。

*1:今のところ