きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

緋弾のアリア 第11回『潜入』


やっぱりわたし、アクションの無いアリアに魅力を感じることはできないなぁ。
サービスシーン満点だったりするし、アリっちゃアリなんでしょうか。



ん、よかったかなってところを強いて挙げれば、小夜鳴に媚びた笑顔を見せるアリアがおもしろくないキンジと、キンジの影に見え隠れする自分の知らない女の姿に心穏やかではいられないアリアとか。
我ながらそういうの大好物ですねぇ。