きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

猫神やおよろず 第01回『貧乏神インスペクト+』


猫神の繭が母に高天原を追放されてからもう四年。彼女は下界の『八百万堂』という骨董屋で店主の柚子の世話になりそれなりに充実した居候ライフを送っていた。
そんなある日のこと、町に貧乏神がやってくることを知った繭は、町の守り神軍団とともに防衛戦を引くのだが……。



いやぁすっきりした。いますよねぇ、こういう態度の悪い店員
……いや、ここまでひどいのはそうそういないか。
わたしだったらこれ、その場でレジを怒鳴りつけて店長呼んでわび入れさせた上で近所に悪いウワサをばらまいてやる程度ですけど、そこは荒ぶるたたり神さまを怒らせたらどうなるか。


倒産ですよ!!
いやぁ、これぞ天罰! ああ、この女神様の信徒になりたい!!
惚れちゃいそう。



さて。そう、この娘こそ件の貧乏神です。
いまこそ神様の交戦規定のもとに、いざ尋常に勝負! 貧乏神ゴーホーム!
やる気満点の守り神軍団と強大な貧乏神の戦闘の火蓋がいま切られる!





見損ないましたわ!!


切られなかった!


そこに異を唱えたのは柚子です。
貧乏神だろうがなんだろうが、よってたかって小さな女の子を追い出そうとするのが神様のやることか!
少女の純粋な怒りと思いやりは、結果的に未熟な守り神たちを救う力となりました。



貧乏神などとんでもない。
なんと彼女は神様の一級査察官……チョー偉い神様だったのです。


町を守るには心許ない力だけれど、そこに住む子が優しくまっすぐに健やかに育つようにがんばっていることは柚子を見ればわかる。判断は保留するから今後もがんばれ


ははぁっ!!


かくして、事件は終了した。
実に、なんてこともないどーでもいいお話だけど、かなりキライじゃないですね。
ホント、なんだろうね、別につまんなくないけどありきたりだし、かわいいっちゃかわいいけど、それだけとも言えるし。



ああ、雰囲気が好きなのかな。んー。みんな優しいよね。和むよね。癒やされるよね。
OPだけ見たってわかるよ。春夏秋冬いつだって楽しそうで幸せそうで、ステキ。
そーいうことなのかな? わかんないけど。


とりあえず、今後も見ていくことになりそーです。
では、また。