きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

ロウきゅーぶ! 第04回『昴に願いを』


かくして女バスチームは勝利した。もう一度やれば必ず負けるだろう。だけど、これは決してフロックでもイカサマでもない。少女たちの努力と友情がもぎ取った誰に誇ってもいい勝利だ。



今後もコーチを続けて欲しいという智花の願いに、だが昴は上達のためには専門のコーチを雇うべきだと固持して譲らない。そんな頑なな彼に美星は『智花が50回連続でフリースローを決めたらコーチ留任はどう?』と提案するが……。


敵は彼女たちを侮りすぎていた。
怖いのは智花のみのワンマンチームだと思っていた。


つまりはそれが敗因でしょうね。
たしかに以前の智花であればきっとそうだったと思う。女バスチームは智花を潰されて終わりだったと思う。


だが、忘れてはいけない。小学生は最高なんだぜ!! 大人には考えもつかない速度であっという間に成長してみせるんだ。女バスチームは智花のチームじゃない。女バスチームの一員が智花なんだ。


敵の男バスチームはもちろん、昴にも美星にも予想できなかった最後のシュート。
みんなが智花が打つと思っていた最後のシュートは、なんと真帆が決めてくれた。


だけど、チームメイトの間ではそれは当然のことだったんだよ。
昴も気づかない間に、昴は教えてもいないのに、チームの中での信頼と結束は強固なものとなっていったんだ。当たり前のように智花は真帆にボールを託したんだ。きっと決めてくれると信じたから。
決して口には出さないけど自分の実力に絶対の自信を抱いているだろう智花が真帆を信じたから、真帆はその信頼に応えてくれたんだよ。



絶対に真帆が走ってくれるって思ってました


ああ、たまらんです!!



△▼△


50本連続のゴール……。
ついさっき大学でのバスケ経験者の友人にメールを放って聞いてみました。


ムリ



ああ、そうですよね。うん。
一発入れるのに技術的な問題は無い。定位置からなら完全に身体が距離も覚えてるし、入れることは簡単。
ただ、50本連発ときたらどんどん身体は疲れていくし、成功させなければならないプレッシャーもバカにならない。
何度チャンレジしてもいいならできることもあるだろうけど、とてもやりたくはない。


そんな感じ。


ありがとう。夜中にバカな質問にマジメに答えてくれて。
やつもまさかアニメの感想を書くために聞かれたとは思いもしないだろうなぁ……。


で、それ決めてくれましたよ智花! なんてキレイなシュートを打つんだろうねこの子は。
昴がいじわるして(?)成功するまで何度もやらせようと思うわけだ。


わたしも、50本目の緊張感と、天使のような少女の躍動感に、思わず見とれちゃいましたもんね。


かくして、これからもロリコンコーチは小学生の群れの中ではぁはぁ言い続けることになったのでした。



△▼△



いやもう、ほら、完全に口説いてるしね。二人目だよ二人目。
今度の子は乳もでかいしね。きっとアリだと思ってるに違いないよ(謎)。


俺、愛莉のこと凄く素敵な女の子だと思っているから


ロリコン大爆発キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


これは智花も不機嫌になりますよ。
本妻の前で口説いちゃだめっしょー。


ああ、スポ根のみならずラブコメもおいしい!


そんな感じで……す・ば・ら・し・い!お話でした。


もう確定だよこれわたし的今期一押しアニメだよ。
なんてまあダークホースがいたものだわ。


では。