きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

2011年秋アニメのコミックの話とか その1

ちょっとずつ最終回を迎える夏アニメが増えてきています。来週、再来週でほとんど終わりになっちゃうのかな。ホントに時の過ぎるのは早いものです。年寄り臭いこと言っちゃってますが、実際そう思いません?



さて、そんなわけで、アニメが始まる前の予習も兼ねて、秋アニメの原作コミック/コミカライズ作品をわたしの読んでいる範囲で並べてみます。例によってネタバレ無し*1を心がけているために抽象的すぎる部分もあるかも。そこはご勘弁を。




Fate/Zero

これは原作ゲームは知りません。既刊の1巻のみを読んだ上での感想です。



Fate/Zero (1) (角川コミックス・エース 345-1)

Fate/Zero (1) (角川コミックス・エース 345-1)



本作は『Fate/stay night』の続編にあたり、前作の主人公である「衛宮士郎」の義父「衛宮切嗣」が主人公です。時系列的には過去のお話になりますね。

前作の中で触れられていた『士郎のサーヴァントの「セイバー」は、過去に義父ともペアを組んでいた』という過去話が主になっているんだと思います。



前作の士郎が理想に燃えた“正義を信じるもの”とするならば、

今作の切嗣は理想に燃え尽きた”正義を司るもの”です。



良くも悪くも真っ向勝負でまっすぐだった士郎と、どこまでも“卑怯”を自認する切嗣。



騎士の中の騎士のサーヴァント「セイバー」は、今回どんな活躍を見せてくれるのでしょう。


侵略!?イカ娘

既刊9巻中のすべてをもちろん読んでいます。



侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)

侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)



今期のSUPER GTでも大活躍中のイカちゃんアニメの二期目です。

かわいい癒やし系ヒロインの代名詞と言ってもいい愛らしい侵略者っぷりにほれぼれしますよね。



これは、おもしろいか?

ん? おもしろいか? そう問いますか?



ちがうでしょう。

このマンガは、おもしろいかどうかを問題にするものじゃない。



イカちゃんか、否か。



大事なのはそこです。

そして、このマンガはイカちゃんです

つまりはそういうことなのです。


WORKING’!!

既刊9巻中の全巻読んでいます。



WORKING!! 1 (ヤングガンガンコミックス)

WORKING!! 1 (ヤングガンガンコミックス)



アニメの方で不満を抱く人はあんまりいないでしょうけど、原作マンガは多少……かなり、絵が個性的です。そこを嫌う方も多いと聞いています。わたしもムリは無いと思う。だけどそこをガマンして読めば、おもしろい! きっと!



基本形は4コママンガです。が、オチはだいたい1Pごと、4コマ2本がセットというか、8コママンガっぽいんでしょうかね。



うん、かなりおもしろいです。

そこらのかわいいだけのオチ無し萌えマンガとはひと味違いますよ!!


未来日記

全12巻読破済みです。



未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))



原作マンガはすでに完結しています。

老いた神が自分の後継者を人間たちを争わせて生き残った勝者から選ぼうと画策し、携帯電話に様々な特殊能力を持った“日記”機能を与えられた候補者たちが勝利を目指して殺しあいをはじめるストーリーです。



最高にサイコなヒロインと、ヘタレでずるい主人公のラブコメマンガです。

ゴメン、ウソです。そういう部分もあるけどラブコメとは違います。あと、ちょくちょく発生する謎を楽しんでいく*2のも楽しみの一つのお話ですから、ネタバレは大敵でしょうね。

今から読んでおくか、アニメを見ていいなと思ったらすぐにマンガの方を読み切ってしまうか、その方が無難だと思いますね。



ときおり納得のいかない部分も、どうにも生理的に受け付けない部分もありました。

でも、大好きなマンガです。今期の本命作の一つでしょうし、気になったらぜひどうぞ。


僕は友達が少ない

既刊2巻中2巻読了。原作の小説の方は読んでいません。



僕は友達が少ない 1 (MFコミックス アライブシリーズ)

僕は友達が少ない 1 (MFコミックス アライブシリーズ)



おもしろいです。



どこから見てもリア充なのに、実は友達が一人もいない。

そんなうらやましくもかわいそうな彼らが一所に集まって、友達作りのための『隣人部』を立ち上げた。しかし友達がいないのにはいないだけの理由がある。見た目「だけ」が最高でも中身はいろいろ残念なメンバーばかりが集まってきてさあたいへん。



いやあんたらもう友達同士じゃないか。



という読者全員が思うであろうツッコミは華麗にスルーして、今日もいろいろムダな努力を繰り返しては挫折する面々なのでありました。



身もふたも無く言ってしまえば、男一人に女の子いっぱいのただのハーレムものなんですけどね、これがまたおもしろい。アニメの方はこれからとしても、マンガの方はマジでオススメ。わたしもそうだから、原作小説を知らなくても問題無いよ!


灼眼のシャナIII - FINAL -

既刊の9巻まですべて読んでます。



灼眼のシャナ 1 (電撃コミックス)

灼眼のシャナ 1 (電撃コミックス)



これは原作の小説もそうですけどコミカライズされてからも古いです。2005年に1巻が発売ですか。今でこそ豊作だけど、この頃のコミカライズ作ってほとんどが外れだったと思うんですよね。その中で数少ない光っているのが本作じゃないかと。うん、当たりだと思う。



ただ問題は。



いや、このマンガの問題じゃないんですけど、このエントリ的な問題があるんですよ。

マンガの展開が新作アニメの範囲とまったくかみ合ってない。そこですね。



マンガ版は展開がめっさ遅いです。エヴァが裸足で逃げ出すくらいに遅いです。

ああ、でも、おもしろいんですよ。だからオススメはオススメなんですけどね。

ただ、今回の三期目のアニメの参考にはならないなぁ。一期をみる前の参考にはなるだろうけど……。









△▼△



よし、こんなところか。

まだ何冊か該当するのがあったはず。思い出したら続きを書こう。



では。


*1:さすがに100%っていうのはムリですがほぼ問題のない程度には抑えているはず

*2:といっても推理ものじゃありません。特殊能力バトルですから