きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

2011年アニメ総ざらいその1(冬)

年明けまでテレビは退屈な番組が続きます。特に他に書くネタもないですし、今年に放送された新作アニメの中でわたしが見たものをざーっと流して評価。いつものように世間様でどんだけ高評価でもその逆でも関係なし。わたしがいいと思うものはわたしが決める。



……あらためて並べてみると、けっこう見てんなぁ。


















                                    • -

今年放送されたもののうち、全話を見届けたすべての新作アニメに限定しての評価です。

2クール以上続いた作品に関しては終わった季節での作品群に入れてあります。



の付け方。



各期ごとに

1と5は一つずつ。
2〜4はそれぞれ一つ以上ずつ。

そういう形の相対評価*1


















                                    • -

ドラゴンクライシス!

☆☆☆☆

とにかく話も演出も古くさく、とても2011年の新作とは思えませんでした。

作画はよかったかも。


これはゾンビですか?

★★★☆☆

うーん、普通?

どうしても納得のいかない原作からの改編シーンが一カ所あった他はそれなりに楽しめました。


IS〈インフィニット・ストラトス〉

★★★★

最初は適当に売れ線キャラを並べただけのやっつけ萌えアニメだと思ったものですが、なかなかどうしてしっかりと抑えるところを抑えた丁寧な作りに感心しました。

盛り上げどころをよくわかっていて、中だるみも中途半端感もなく最後まで一直線にキレイにまとめあげた佳作だと思います。


フラクタル

★★★☆☆

世間で言われているほどには悪いとは思わなかったのがこれ。

ただ、最終回の駆け足感はホントに納得いかなかった。

とつぜんに打ち切りを喰らったわけじゃ無いんだし、しっかりと時間配分を考えて欲しかった。


魔法少女まどか★マギカ

★★★★

オチの超展開は正直好みじゃ無かったし*2、まどかの両親は最後まで好きになれなかったけれど、それらをさっ引いてもさすがにうまい、と思わせる一本だったと思います。


Rio - Rainbow Gate!-

★★☆☆☆

言いたい文句は山ほどあります。だけど、言葉に出来ない奇妙な魅力があるんです。

決しておもしろいとは言わない。それでも好き。そんな不思議作。


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

★★★☆☆

とんがったキャラ揃いではあるけれど、他は特筆すべきことも無い普通のラブコメ。

普通におもしろい。それはけっこうすごいこと。


這いよる!ニャルアニ リメンバー・マイ・ラブ(クラフト先生)

★★★☆☆

うん、これはね、安いFLASHアニメだからこそよかった気がする。

まさにバカなショートコントにぴったりの雰囲気だったね。

DVDを買っちゃったくらいには大好き。


夢喰いメリー

★★★☆☆

途中から原作を離れてオリジナル展開になった作品です。

う〜ん、そのオリジナル部分が、正直イマイチ。いや、イマサンくらいかなぁ。

ボスキャラがね〜、なんていうかやりすぎっていうかなぁ。

途中までになっちゃったとしても、原作通りやった方が正解だったと思う。


放浪息子

★★★★

これは逆にアニメオリジナルに仕上げたのが大成功でした。

あの原作をたった11話のアニメにまとめあげた手腕はさすが。

そして、なんと言っても千葉さん!


みつどもえ増量中



★★★★★

不当に低い評価に甘んじている残念な作品だと思うんですよ。

ウワサによると一期目放送前から二期目が決まっていたものの、一期目のあまりの不人気さに二期目は全八話に減らされてしまったとか。

おもしろいんですけどね〜。みっちゃんの魅力はハンパないし!

そんなわけで私的冬季一番アニメです。






















                                    • -

冬はそんなところ。

次回は春。では、また。










*1:厳密に言うと相対評価ではないがそれに近いという意味で

*2:最後まで人間として事態を収拾に当たって欲しかった