きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

2011年アニメ総ざらいその2(春)

続いて春。


















                                    • -

今年放送されたもののうち、全話を見届けたすべての新作アニメに限定しての評価です。

2クール以上続いた作品に関しては終わった季節での作品群に入れてあります。







の付け方。



各期ごとに

1と5は一つずつ。
2〜4はそれぞれ一つ以上ずつ。

そういう形の相対評価*1


















                                    • -

緋弾のアリア

★★★☆☆

くぎゅぅぅ!!


電波女と青春男

★★★★

エリオがキレイだった。声もぴったり合っていた。

基本的に原作通りにうまくアニメを仕上げてあった。

ほとんど文句無し。すばらしい。


DOG DAYS

★★★☆☆

う〜〜〜ん。姫様はかわいいし勇者さまもいい子だし、他のみんなもキャラ的には魅力いっぱいなんですけどね。

肝心のストーリーがちょっとお粗末だったかな、と。

あと、一部のキャラの反則的な強さが、せっかくの合戦って設定を無意味にしちゃってたかなぁ。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

★★★★★

とってもいいです。みんな基本は「自分が一番」なんですよね。

ただの「いい話」じゃないんですよ。ホント、ずるいのみんな。

そこが魅力的。文句なしの5つ星。


「C(シー)」THE MONEY OF SOUL AND POSSIBILITY CONTROL

★★☆☆☆

これはもう、ね。

「独りよがり」の見本市のような作りだったと思います。

コンセプトは良かったと思うんですけどね〜……。

うん、残念。


俺たちに翼はない

★★★★

これ最初は見る予定はなかったんですけど、偶然に深夜につけたテレビで目にしたら惹かれちゃってそのまんま……。

DJコンドルのノリとムダなサービスシーンもキライじゃありませんでした。

主人公とヒロインの仲とか、若干掘り下げが足りないように思える部分もいくつかあったけれど、それでも充分におもしろかった。大好き。


30歳の保健体育



★★★☆☆

や、みんなばかにするけど案外悪くなかったですよ。

マカロンくんかわいかったし。

最終回のEDでウェディングドレスの裾を持って走る安藤さんを見てね、思ったんです。

ああ、よかった」って。

彼女が幸せになったのもよかったし、それを最後まで見届けたのもよかったな、って。


神のみぞ知るセカイ 第2シーズン

★★★★

安定しすぎ。もはや大御所。

1期から引き続いて贅沢に時間を費やす他ではなかなか見ることのできないゆったりした演出がウリですね。

かのんちゃんのCDとか買っちゃいましたよわたし。


そふてにっ

★★★☆☆

う〜〜〜〜〜。

思ったよりは悪くない。けっこーふつー。としか言えないなぁ。

そういえば原作者さんが「これは萌えマンガじゃない」って仰ってましたけど、たしかにそうかもしれないって思います*2

案外とスポ根入ってるんですよね。あと、青春もの?


テレビまんが 昭和物語

☆☆☆☆

「懐かしい昭和がここにあります」てキャッチフレーズの大人向けアニメらしいです。

でもねぇ、わたしには「わざとらしい昭和」としか思えないんですよね。作中に描かれている時代の事なんてもちろん体験しちゃいないんですけれども。


GOSICK

★★☆☆☆

……謎とか、なんにもなければよかったと思う。

毎週クジョーといちゃこらしてるだけなら、うん、和めるしよかったと思うのだけれど。

そんな残念アニメ。せめて1クールで終わらせておけば……。


















                                    • -

春はそんなところ。

次回は夏。では、また。




*1:厳密に言うと相対評価ではないがそれに近いという意味で

*2:わたしは原作も読んでます