きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

入院06日目日記

あれ、心拍計のコードがはずれてる。まあ、すぐに直しにくるだろう。

 

── 一時間経過 ──

 

こねえし!!

 

なにこれこわい。
え? 実はこの機械って動いてない?
ある時突然わたしの心臓が止まっても気づいてもらえない?

 

マジこわいんですけど。

 

看護士さんを呼んで話をしてみたよ。

 

外れたらすぐ呼んでください
これって外れても連絡いかないんですか?
いえ、きますよ
一時間も前に外れてたけど確認にこなかったよね
はい
はいじゃないが

 

電波の不逹によりラウンジで逮捕された前科から鑑みるに、全くの飾りのわけではないと思う。

 

つまりは、機械から連絡は届いているのに、ナースステーションの看護士たちがそれを見過ごしていたわけだろう。

 

四六時中ピーピーとアラーム音が鳴り響いている現場であるし、それもあるいはやむを得ないことなのかもしれないが……なわけあるかい!!

 

そんなんで見殺しにされちゃたまらんわ。前々から緩いところのある病院だとは思っていたけどさ。

 

もしわたしが不慮の死を遂げて、病院側が最善を尽くした、などと言っていた場合……これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。それだけが私の望みです。

 

あ、リハビリはじまる。いかなきゃ。