きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

式の前日

式の前日 (フラワーコミックス)

式の前日 (フラワーコミックス)



これいいわ。

特に大事件はなし、舞台は現代。ゆるくもなければ萌えもない、日常マンガの短編集。

だけど、ぐいぐい引っ張られるのね。それで最後まで一気に読み進めちゃって、でも、それでああ「おもしろかった」で終わらないの。



全編において





マジかよ!





と、思わず身を乗り出さずにいられないオチ。

ほっと胸をなで下ろしたり、どきっとさせられたり、ああそうなのかと納得したり。



そんな、日常マンガっぽいけど、ミステリっぽくもある佳作のコミックスですね。

これはあたりだった。