きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

艦これ コミックアンソロジー 『舞鶴鎮守府編 弐』

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 (2) (カドカワコミックス・エース)

艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 (2) (カドカワコミックス・エース)

今回は今日発売の電子書籍で買いました。

といってもkoboちゃんじゃないです。BOOK☆WALKERです。

たまたまここのクーポンが余っていたもので……。

ていうかね、ここ角川系列の本を独占的に先行配信するんですよ。まあ、角川グループ運営ですからね。

必然的に他社への配信は数日後になってしまうのです。あ、koboちゃんで買う人は12/13発売ですからね。



さて。

結果的に、無料で入手できたのは、実によかった。

定価払ってらぶちぎれてたかも。

いやもう、ごめん。無理

ダメでしょこれ。どうやったらここまで適当に作れるの?

絵だけ違う似たような話を届いた順番に並べてるだけって感じ。



『舞鶴鎮守府編 壱』で気に入っていた、山城さんマンガや、巨大ロボマンガの続編、あるいは同じ作家さんのすごいのが載ってるのを期待して買ったのに、それすら無しですもの。

まあ、わたしの好みの問題っていうのもあるんですよ?

女提督ものとかとにかく苦手だしね。だから、他の人が見るよりは厳しい目で見ちゃってるかも。

いや……いやぁ。

それでもやっぱ、ね。

うん、今後も出るんだろうけど、もし買うとしてもkoboちゃんにくるまで待ってクーポンでも使うことにします……。



そうね、無理やり良かった探しすれば、ここの北上さまとか無駄にかっこよくて好きではありました。





ああ、うん、絵のレベルは高い人は多かったかもしれません。そこはプラスなのかも。



では、また……があるかどうかはわかりませんが。