きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

邪神ちゃんドロップキック 第01回

f:id:aobanozomi:20180710050011j:plain:w300,right魔界の住人、邪神ちゃんは悪魔である。

そんな彼女がなぜ、神田神保町のアパートの一室で暮らすことになったのかと言えば、中二から抜けきれないまま成長してしまったような、ちょっとイタい女子大生にして部屋の主「花園ゆりね」の知的好奇心から、人間界に召喚されてしまったためだった。


f:id:aobanozomi:20180710050012j:plain:w300,leftゆりねは召喚の魔法書を偶然手に入れて邪神ちゃんを呼び出したのだったが、呼び出した魔物を還すための魔法書下巻は持っていなかった。
どうしても魔界に戻りたい邪神ちゃんがその望みを叶えるためには、2つの手段のどちらかを用いる必要がある。

1つめは「自分を召喚した人間の魔法」。だが、魔法書がない現状ではこれは望みが薄い。ならばもう1つは……?
それは「召喚者の死」による自動帰還。

かくして、邪神ちゃんとゆりねの、血を血で洗うバトルの日々が始まったのだ。


アニメ1話につながるあらすじを書けばこんな感じになると思うんですけれど……え、こんなキツかったっけ邪神ちゃん?
と、慌ててコミックスを読み返してみる。


あー、そうか。
原作だと1話ごとに約1回、オチとして邪神ちゃんの惨殺死体が登場していたのが、アニメは原作数話分が1話に収まっているために、何度も何度も目を覆わんばかりのグロシーンが次から次へとくり返されるわけか!


しかも、フルカラー!動く!叫ぶ!


f:id:aobanozomi:20180710050013j:plain:w480

キッツ!!!!!!!


いやいやいや、すさまじいよこれ。よくアニメにしたな。

身体を輪切りにしたり、バールで背骨をへし折ったり、チェーンソーで脳みそぐちゃどろにしたり、黒焦げにして食べたり……。


まあ、原作好きだし?来週からも見ますけど、マジでわりとショックでけえですね。
決してお子様には見せたりしませんように。大人の嗜みですよ。



邪神ちゃんドロップキック(1) (メテオCOMICS)

邪神ちゃんドロップキック(1) (メテオCOMICS)