きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

音楽少女 第02回『アイドルなめんな』

f:id:aobanozomi:20180714080317j:plain:w300,right晴れて音楽少女の一員となった……と思わせておいて、裏方のスタッフに収まってしまった山田木はなこ。
メンバーたちには概ね好意的に受け入れられたものの、天然さ故の悪意無き挑発的な言動からか、生真面目な性格の迎羽織むかいうおりとは今ひとつ折り合いが悪かった。

だがそれでも、はなこの仕事ぶりを見るにつけ、彼女にも彼女なりの真剣さがあることを感じ取った羽織は、少しずつだがはなこを認めてやろうと考えを改めていくのだった。


f:id:aobanozomi:20180714080318j:plain:w300,leftいや、動かないですね。

ふつう、アイドルアニメのステージったら、まるまっちいソシャゲ風のビミョーに安っぽい3Dモデルが不自然にヌルヌル動くのが常じゃないですか。

それが、動かない。そもそもほとんどステージで歌っている場面がない。
ついついツッコみたくなりますね。


アイドルアニメなめんな!


とか。
あ、いや、怒ってないです。むしろおもしろいです。
低予算でがんばってますよね。


△▼△


で、池橋にも両親にも「歌はアレ」扱いを受けてしまったはなこちゃんですが、それ以外の部分では相変わらず非凡な才能を発揮しています。

  1. 3kmを全力疾走できる体力
  2. 瞬時に各人の個性を引き立たせる衣装をコーディネートする能力
  3. キラキラでわくわくドキドキの女の子を想像してできあがったのがこの子
  4. 初めての日本なのに、ちょっと場所を聞いただけで迷うことなく荷物を届けられる方向感覚


どれもすごいです。

1はいいとして、2のコーディネート能力……見分けがつかねえ。全員同じに見える。
あ、ううん、ビミョーな違いこそがセンスが光る場所なんでしょう。きっとそう。
……いや、ロングドレス?


f:id:aobanozomi:20180714080316j:plain:w480


センスと言えば3ですね。発想が尋常じゃない。
母の言う「アイドルとは音楽の力でみんなをキラキラドキドキさせる無敵の女の子」が、なんでこうなった。
無敵か?無敵が悪いのか?

4については半ば憶測ですが、山を見れば全部富士山塔を見れば東京タワーなんか高いっぽいビルがあったら都庁ビルだった彼女ですから、大きくはずれてはいないでしょう。

とにかく山田木はなこは情報が無いんですよね。
公式サイトでも彼女だけ詳細が記されていない*1し、ウィキペディアにも名前しかないし、困りマックスです。

これも低予算の影響なのでしょうか?


f:id:aobanozomi:20180714080319j:plain:w300,rightはい、そんな感じ。今週のも好きです。

サービスシーンのはず*2お風呂がぜんぜんサービスに見えないところとか最高。

もう、最後までついて行きます。来週にも期待!

*1:キャラクター紹介ページでアイコンをクリックしても無反応

*2:ですよね?