きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

Rakuten UN-LIMIT と HUAWEI P20 Lite

まず最初に結論から。

HUAWEI P20 Liteで、Rakuten Linkのアクティベーションに成功しました。


△▼△


本日……あ、もう日付が変わってしまいましたね。
昨日の2020年4月8日、新しいMNOである楽天モバイルのRakuten UN-LIMITが正式スタートを切りました。

この新しい携帯電話会社の回線は非常にクセがあることがテスト期間*1から知られており、他社なら周波数さえ対応していればSIMフリー端末が自由に利用できるところですが、このRakuten UN-LIMITではそれが適いません


基本的に、楽天が保証していない端末は使えないと考えた方が無難です。


他社携帯会社の端末無保証👉おそらく使えるけどサポートはしないよ。
楽天モバイルの端末無保証👉マジで使えないから。ホントにやめときな。


言ってしまえば、こういう違いですね。


さて。
わたしは数台のスマホを使っていますが、それのどれ一つとしてRakuten UN-LIMITの正式サポート機種がありません。

なにせ、iPhoneも、AndroidのリファレンスモデルであるPixelも、対象になっていないのですから、正直驚きを隠せませんよね。

その中で一番マシ*2なのを選ぶとすれば、それは HUAWEI P20 Lite です。
これは、通話は不可能ですが、ネット利用は問題がないと、テスターさんたちからの報告が以前からあがっていました。

なるほど、試してみるとその通りで、ネットの利用だけしかできません。
完全にデータ専用と割り切るなら、一年間無料ですし、それなりに使えるかな、そう思いました。

ですが、おかしいんです。

ちらほらと上がってきている掲示板の報告の中に「P20 LiteはRakuten Linkのアクティベーションと、その後の利用*3ができる」というものが混ざり始めました。


みんな寄ってたかって尋ねます。


設定方法は?

返ってくる答えはほぼ同一で。

みんなと同じだよ


これはなんだ。個体差か。
そこで気付きました。Rakuten Linkが使えている人たちは、みんな楽天モバイルエリアの人であるということに。

最初に「Rakuten UN-LIMITが正式スタートを切った」と、わたし言いました。
それは間違いじゃないんですけど、半分しかホントじゃないんです。

f:id:aobanozomi:20200409030056j:plain:w400,rightRakuten UN-LIMITのサービスエリアは、ほぼ東名阪の中のまたさらにごく一部のみなんですよ。
じゃあ、それ以外はどうなっているのかというと、auの回線を借りてるんですね。

ちなみに、わたしの住んでいるところは楽天モバイルエリアなんですけど……これが、auの電波しか掴まない。

じゃあ、電波のあるところまで出向いてみるか
そう思って、大宮駅までバイクを走らせました。午後11時すぎくらいだったでしょうか。

ここなら、楽天モバイルの電波もきているでしょう。

……え。Band18auの電波
そうなんです。楽天モバイルの電波はBand3。ぜんぜん違います。


サービスエリアを謳っていて、その中心都市の駅である大宮駅で入らない?


さすが、楽天です。
時間も時間だし、道はメッチャ空いてます。じゃあ、もう少し南下して電波を探すか。


与野

👇

浦和

👇

戸田


……オイ。どうなってんの。

まったくBand3がない。ず~~~~~~~~~っとBand18。

わたし、けっこう意固地になりやすいんですよ。


ここまできて帰ったら全部が無駄になるじゃん!


川口を過ぎてもまだBand18なのに呆れながら、ぜったいにアクティベーションして帰ってやると決心したわたしは、いよいよ戸田橋を渡ります。ここを過ぎると東京都です。

橋を渡って、最初の信号を左に曲がると、埼京線の浮間船戸駅にたどり着きます。
どうだ、ここなら!

見ると、圏外

は?

しばらく、呆然とスマホを見つめるわたし。


f:id:aobanozomi:20200409030950j:plain:h400 f:id:aobanozomi:20200409031411j:plain:h400


あ。電波が入った。Band3だ!!!

東京都に入った途端にこれだよ。
しかも、楽天の電波メッチャ悪いよ。建物の中とか地下鉄じゃないよ。
駅前の屋外だよ。


さすが、楽天です。


ここで、一気に20通ほどSMSが着信します。
わたしが家でRakuten Linkをアクティベーションしようとして送っていたSMSの返事ですね。


こともあろうに「連投しすぎで制限を超えてる」とか怒られましたよ。


改めてまたアクティベーションのSMSを送ったら弾かれたもん!!
時間を空けて送れとかふざけたこと言われたし!!!


でもさ、だからって諦めることもできないじゃないですか、わざわざ都県境越えてこんなとこまできたんだよ。
こうなったら、朝までだって粘ってぜったいにアクティベーションしてやる。

誓いを新たにしたのでした。

幸い、コンビニでホットコーヒーを飲んでいる間に、制限時間は解除されたようです。
助かった。

そんなわけで、Rakuten Linkをアクティベーション成功!これで6300ポイントゲットだぜ!*4

ざまーみろミッキー!!

一度楽天モバイルエリアで手続きを行えば、あとはauエリアに戻ってもそのまま使えます。
多少音質は劣りますが、通話無制限に月5GB*5の回線を一年間無料で使えますね。

ふふん。

そうそう、P20 Liteには、au版、UQ mobile版、Y!mobile版 、SIMフリー版の4種類あります。
わたしのはSIMフリー版です。build番号は9.1.0.311(C635E5R1P1) となっています。

参考になれば。


追記:書き忘れてました。Rakuten Linkを用いない通常のVoLTE通話は不可能です。



△▼△


いや、とにかく、寒かった!
出発した頃はそんなでもなかったんだよね。大宮行って帰るだけの筈だったし、ちょっと薄着過ぎた。
AM1:30頃に家にたどり着いたら体中ガタガタ震えてたよ。

ああ、もう二度とこんなのやだぞ。

*1:正式スタート前の半年間ほど行われていました。正確には現在もテスター利用しているユーザーは大勢いますが

*2:Rakuten UN-LIMITで使う的意味で

*3:無料通話やSMS

*4:Rakuten Linkの利用がキャンペーンの条件なのです

*5:楽天モバイルエリアならこちらも無制限なんですけど、はっきり言って楽天モバイルエリアの電波はお話にならない状態なのが今回身に染みてわかりました