きわめて一般的な日常

きわめて一般的な日常を綴っていたはずなのですが、いつのまにかアニメやゲームの話ばかりになっていました

アニマエール! 第07回『トップは高所恐怖症』

こはねがポンポンの作りすぎでテープが無くなってしまったことをきっかけに、同好会一同は休日に集まってチアショップを訪れることになった。 初めて目の当たりにする原色に彩られたその店内に興奮を隠せないこはねたちだったが、商品に貼られている値札は、…

アニマエール! 第06回『どきどきダブルベースサイスタンド』

6話目。ポジティブなこはね、ネガティブな虎徹。ひづめ兄の謎はさらに深まる。「ダブルベースサイスタンド」は大成功。 「話聞いてた?(威圧)」

色づく世界の明日から 第06回『金色のサカナ』

6話目。 地雷を踏んだ瞳美、繋がった心。ひとりでに発動する魔法。金色の魚は唯翔の心の暗闇に潜んでいた。勇気を出すあさぎ、話さなくていいよ、友達でしょ。 そして、瞳美は色を取り戻す。

ソラとウミのアイダ 第06回『ラムネと秘密とお兄ちゃん』

宇宙漁師のはじまりからいまだ数年。だが、その短い歴史の中にも、触れられたくない、隠しておきたい暗部は確実にあった。 最初の宇宙漁師だった<櫻舞湖>の兄の行方不明事件もその一つ。実は彼女は、兄の事件の真相を明らかにするために、この訓練所へとや…

アニマエール! 第05回『笑顔でアームモーション』

5話目。意外と毒舌な舘島虎徹の入部と、家庭科部長さんかわいい。バスケ先輩やさしい。みんなよく食べて健康的。 原作もおもしろいよ!

色づく世界の明日から 第05回『ささやかなレシピ』

5話目。 あさぎの恋の行方と、瞳美の必死な思い。将の瞳美への興味と、唯翔のフクザツな心境。 魔法占いは的中率抜群。高度に進歩したおまじないは魔法と区別がつかない。 現金はやめて電子マネーを使おう! 白黒フィルムは簡単に現像もプリントもできるよ。

ソラとウミのアイダ 第05回『ボクにチカラを!』

自力(まぐれ)でもぎ取った実機訓練用プールの使用権を最大限に生かし、女子部は順調に訓練を進めていた。 だが、抜き打ちでの脱出訓練の最中、意外な事実が判明する。なんと<美剣真>は、水が怖くて全く泳げなかったのである*1。 空中のクレーンに吊され…

アニマエール! 第04回『Let's Cheer Up!』

チア同好会の初舞台は、市営体育館で行われたバスケットボール部の練習試合だった。 短い準備期間を見事にこなし、急ごしらえながらもその役目を立派に終えた彼女らの勇姿に力づけられたのは、バスケ部の選手たちばかりではなかった。華やかさと力強さで観客…

色づく世界の明日から 第04回『おばあちゃんはヤメテ!』

「狂乱の魔女」が「悪の魔導師」が<月白琥珀>が、帰ってきた。 遠巻きに眺めて恐れおののいている生徒たちのことなど何処吹く風、未来の大魔女は若い頃からマイペースだった。 一方で、その孫の瞳美も、自分なりにちょっとずつがんぱっていた。この時代に…

ソラとウミのアイダ 第04回『みんなでウミにいきませんか?』

居酒屋「源太」で催された、女子部最後のメンバーとなる<ルビー・安曇>の歓迎会の最中、今日も今日とて波乃の怒りが爆発する。発端は刺身が盛られた一皿だった。 「こんなの初めて見た」 「生魚なんて危なくて食べられない」 アメリカ育ちのルビーの告白に…

アニマエール! 第03回『チア同好会、恋の応援』

猿渡宇希の参加によってメンバーは3人。めでたく、同好会の発足が可能となりました。 当面の活動場所として視聴覚教室に落ち着くことになった新生・チア同好会に、さっそく応援の初依頼が舞い込みます。「好きな人に告白する勇気を出したい!」どんな突拍子…

色づく世界の明日から 第03回『No Rain, No Rainbow』

新入生向けの部活紹介行事に参加した瞳美は、写真美術部の面々に撮影モデルになってくれるよう懇願される。 当然のように固辞する引っ込み思案の瞳美だったが、最後に追い打ちのように加わった唯翔の言葉に、ついに折れて首肯せざるを得なかった。 市販の星…